カテゴリー: サーフポイント (1ページ目 (2ページ中))

空気遠近法

[Nikon d7200  Nikkor 55-300mm(200mm) F5.0  1/800s  ISO200 ]

遠く、薄く、曖昧に

近く、濃く、明瞭に

 

New Year’s Eve

まばゆい初日の出を拝んで数年。

この土地で迎える久しぶりのご来光は、

恵みの雨の向こう側となる予報。

世界中のどこでも海辺の街はとてもよく似ている。

自由で鷹揚な気配に満ちた、空の高い平たい緑地。

夕刻はせつなく、早朝はみずみずしい。

達者でな、2018年よ。

 

 

大航海時代の未来

[nikon d70 nikkor 55-300mm(300mm)f5.6 1/8000 iso1600 ]

渥美半島、伊良湖岬にて。

長く長くまっすぐに伸びる水平線の手前、

悠然と航行する大型船。

「大航海時代」という響きにはロマンと夢がある。

ヴァスコ・ダ・ガマが探検したその時代から500年先の未来、

現代人は今日も地球の表面を飛び回る。

 

Waiting for The Sunrise

歩いて渡れそうな水面、鏡のよう。

田原市の海岸にて撮影。

[nikon d70 af-s nikkor 55-300mm(55mm)絞り優先 f4.5 1/350 iso200 wb オート ピクチャーコントロール ビビッド]

 

4月にしては多い降水量。

わずかな晴れ間を貴重に思う。

人智の及ばない仕組みが天体を動かす。

賢く強く豊かになっても、私たちは地球の回るスピードを変えることはできない。太刀打ちできない、畏怖。

大自然はいつも奪いながら、与える。

たとえば、嵐のあとの橋みたいな虹。

 

やがて陽は昇り、

世界に色を与え、繊維を乾かし、生き物を育む。

 

 

邂逅

[nikon d70 af-s nikkor 300mm 絞り優先オート f6.7 1/2000 iso1600 wb オート ピクチャーコントロール ビビッド]

「はじめまして」

”Nice to meet you”

2隻は出逢い、互いの起こす波を物ともせずに、しかし確実に干渉し合いながら、ゆっくりと向かい合っているように見えた。

波紋はごく緩やかに広がりゆき、海中の生き物たちを揺らめかせただろう。

夕刻、静かに、そしてダイナミックに世界を終えるシーンを映した気がした。

明朝、同じようで全く新しい陽が射す海辺。一期一会。

« Older posts

© 2022 HAPPY TORTILLA

Theme by Anders Noren上へ ↑